2019年08月30日

真に空気を読んで行動するために

場の雰囲気をつかめず話の流れを理解できない人を、空気が読めないと言って貶すことが多い。空気の読めない人、すなわちKYは、流れに乗れないならともかく、流れを遮ったり、違う流れを作ろうとしたり、どちらかといえば無意識にそうしてしまう人の代名詞と言ってよいかも知れない。

敢えて発言せず黙っていれば、流れはそのままに維持される。黙っているのだから、表面上は確かに空気が読めないと言われることはないだろう。しかし、それで果たして逆に空気を読めていると言えるのだろうか? それは、空気を読んだというよりは、むしろ文字通り空気に流されたというべきだろう。

確かに、場の流れに逆らう発言をするのは勇気のいることである。場の力というのは大きなもので、流れを変えるには、想像以上に大きな力が必要になる場合が多い。それを振り絞るだけの気力がなくて、つい楽な方に流されるのが常なのである。

流されるだけならまだよい。流れに威嚇された上に、それに押し潰され、物理的にも精神的にも大きな傷を負わされることもしばしばである。その消耗たるや計り知れない。それは流れに逆らおうとして受ける傷と大差ないだろう。

それならば、やるだけのことをやって傷を受けるのとどちらがよいかと問われれば、それは人それぞれだとは思う。わが身を振り返れば、同じケガなら自分の意思を示した上での方がまだ達成感は残るだろうという思いがある。その方がカッコいいだろうとか、人としてそうあるべきだという観念論というか、精神論も頭をかすめる。

しかし、アクティブに動いていた時のケガは、その力が加わって大きなケガになることも多い。それに、動くのと動かないのとどちらが楽かと問われれば、それは動かない方に決まっている。出ばってあえて打たれるのは馬鹿馬鹿しいという思いが錯綜するのである。この思いは、出ばって打たれた杭を見せられたりすれば、倍加させられる。


翻って考えると、今の日本には、どうもこの空気が蔓延し、澱んでいるように思える。勇気をもって、おかしなものはおかしいと言える雰囲気、そのための新鮮な空気が圧倒的に不足している。空気を読むのではなく、読まずに流される流れが強くなっているのではないか?

それはけっして場に同調しているのではないが、結果的に消極的ながら同意したと見做されることになるだろう。敢えて流れに逆らわない、流れるままに任せるのは、無責任ともいえる態度なのではないか。

真に空気を読み、清濁を見極め、正義に従ってモノをいう勇気が、今ほど必要なことはない。流れに棹さすだけが、空気を読める人のなすべきことではないはずなのである。

もっとも空気を読めても、次の行動に移すのはけっして容易なことではない。そもそも相手は正義がなんたるか、その感覚が麻痺している連中である(目先の利益、あるいは偏執的かつ偏狭で自己中心的な信念に凝り固まって正義が見えなくなっているのであって、正義を知らないとは思いたくないが)。しかし、そのひと押しを躊躇っていてはならないだろう。

ためらいの結果が何をもたらすかは、歴史が証明している。歴史を美化するのみで、それを直視しないことから起きる悲劇を、我々は何度も学んできたはずなのだ。歴史に学ばないものは、歴史に滅ぼされる。歴史とは、流れとそれに抗う人々の織り成すタペストリのようなものなのか知れない。

人文系の科学に対する圧力は日増しに強くなっている。彼らにとって、学問的に有用であるかどうかは関係ないと言ってもよい。権力に役立たない、というよりその維持に邪魔な学問は不要なのである。そこまで考えての政策とは見えないのも確かで、そちらの方面の専門家を称する人々が、驚くほど幼稚、というかあっけらかんとしているのもまた周知の事実だ。

しかし、逆に理詰でないからこそなおさら、気付いた時にはもう遅い。筋道を通して論破するのは簡単なのだが、まず議論の土俵に乗らない。乗れば論破されるのはわかっているからである。そして、土俵に乗ったとしても、まともに噛み合う議論せず、はぐらかしに終始する。たとえ論破されてもその結果を直視せず、自己に都合のよいように解釈する。上から下までこうした事態が蔓延している。でも、理詰に論じることを諦めてはいけない。それはまさに思う壺だろう。

歴史を学ぶことそのものが、今大きな危機を迎えているのは紛れもない事実だ。過去を美化するだけの歴史なら、それは単なる物語に過ぎず、学問の体をなさない。歴史を学ぶことは、時代の空気の読み方を知ることにも通じる。本当の意味で空気が読め、そして行動できる人になりたいものだ。

posted by あきちゃん at 10:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

不快だった夏もあと僅か

8月もあと1週間、もう2学期が始まっている学校もあるという。冬の長い母の田舎の学校は確かにそうだった。夏休みに遊びに行くと(それは母の貴重な里帰りの機会だったのだ!)、今日から学校と言って、従兄弟たちと遊んでもらえなくなってしょげたことを思い出す。でも今は、学校自体に余裕がなくなって、都会の学校でも9月開始が常識という訣ではなくなってきているのらしい。
今年の夏は、ひところ冷夏の予想もあったが、結果的にはそこそこ暑い夏だった。7月の終わりから本格的な暑さが到来し、連日の熱中症の記事がマスコミを賑わわせた。しかし、それも束の間、日本付近は熱帯の低圧帯に入り、台風の通り道になった。紀伊半島などの南東斜面に大雨をもたらすコースで心配したが、さほど大きな被害は報じられず、ホッとした。
台風のあと、まだ夏がしっかりしている時には、すぐ太平洋高気圧に抑えられてしまうのだが、今年はそうではなかった。明瞭な秋の高気圧がやってきている訣ではないが、日本付近に前線が眉毛のように描かれる日々が続く。晴れ間も結構出て、日中は暑さも大概だが、毎日夕立がやってくる。そのあとは、さっと暑さも収まる。1日の天気変化だけ見ていると、典型的な晩夏である。

          §           §           §

思い返すと、今年の夏は、暑さの割には不快な夏であった。参議院議員選挙は辛うじて野党が踏ん張ってくれて、最悪の事態への直結は免れたものの、その後の与党の暴走は目に余る。ゴルフ三昧の首相、御用マスコミ、似非学者、さらにはN国などという訣のわからぬ政治集団も跋扈し、さながら魑魅魍魎の世界の感がある。挙げ句の果てには、使い途もない余った遺伝子組み換えトウモロコシを押し付けられてくる始末。世界じゅうの物笑いの種もいいところだ。
この首相とて前はここまでバカ丸出しではなかったと思うのだが、元から本質は変わっていないと思うので、手の施しようがない。それに引き換え情けないのは、そのお先棒を担いで憚らないテレビ・新聞。サンケイ・読売は端から問題外だが、良心的な報道をして来たはずの、毎日・朝日までもが右へ倣えしてしまう、こんなことが起きるとは夢にも思わなかった。まさに忖度が跋扈する、上の立場の人ほど責任を取らない世界。いったいいつから日本はこんな下卑た国に成り下がったのか? いつか来た道は、こんなふうな歩みだっのか? 無責任体制の成れの果てに国民が犠牲を強いられたのではたまったものではない。大丈夫と高を括っていたことが、いとも簡単にほずれてしまう。

          §           §           §

しかし、気がついた時にはもう手遅れ、などと諦めてしまっていては相手の思うツボだ。越えてはいけない一線を平気で越える発言をする人々とそれを何とも思わない人々。当たり前のことを当たり前に言える社会はどこへ行ってしまおうとしているのか? 基本的人権などなくてもよいなどという、300年前からやって来たような人間が政治を担う社会。全員がそうだとは言わない。しかし、そうした前時代的な人間の存在を放っておくのはそれを認めているのと同義だ。どう見ても知的な集団とは思えない幼稚な政治屋に、この国は今勝手な方向に導かれようとしている。
歯車など元々ないのだろうが、タガが外れたようなこんな無惨な社会にしてしまった責任が、今のアベ政治にあることは誰が見ても疑いようがない。これが美しい国だとは聞いて呆れる。結局ツケは全て国民が負わされるのである。そうなってからではもう遅い。もういい加減に気付かなくては。命を奪われても、いや、仕方のないことだと諦めて、あの世へ旅立ちかねないほどにお人好しばかりになってしまったのだろうか? 幼稚さに惑わされて、その陰に隠された牙、狡猾さに注意を怠ってはならない。GSOMIA破棄は想定外だと政府は嘯くけれど、そうやって韓国側の対応を避難して嫌韓を煽る計算づくの反応ではないかという見方が必ずしも穿ちすぎとは思えないのである。こんな不快さは残暑とともにもう願い下げにしたい。
ラベル:日常 季節
posted by あきちゃん at 23:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

残暑の季節に出会った晩秋の音楽

FM放送などでふと耳にして、どこかで聴いた覚えのあるなつかしい曲なのに、俄には誰の何という曲かわからなくて、ホゾを噛まされることがよくある。曲の終わりに「ただいまのは……」とアナウンスしてくれるかも知れないという淡い期待も打ち砕かれて、もうそうなるとあとは記憶から遠離るのを待つしかない。たいていはそういう結末を迎える。先日も同じようなことがあって、ああまた今度もかと初めから諦めていて、実際もう半ば忘れかけていた。ところが、偶然というのか必然というのか、その曲に巡り会えるという稀有なことが起こったのである。
いつもイヤホンで音楽を聴きながら寝るのだが、いつもは数曲聴くか聴かないかで寝就いてしまうのが常なのに、その時はめずらしくCDの終わりまでいってしまった。半ば眠ったような状態のまま、iPhoneで次のアルバムを探そうとした。なぜそのアルバムを選んだのか、その時の心の動きは自分でも明らかにできないのだが、ともかくそのアルバムの、しかも初めからではなく、特定の1曲を選んだのだった。そのアルバムを選んだのも偶然、その中の途中にあるその曲を選んだのはさらに偶然……。
温が木が静かに流れ出す。すぐにはあの曲だとは気付かなかった。しかし、なつかしさが徐々に満ち溢れてくる。ああ、諦めていたあの曲だ! 心が満たされてくるのがわかる。ああ、あの曲に違いない、このあいだのあの曲だ。ラジオから流れてくるのを聴いた時と同じ心の満たされる体験を、半分寝ながらではあるけれど味わっていた。そのままぐっすりと寝に就いたのだった……。

          §           §           §

その曲は、ブラームスの間奏曲イ長調。作品118の6つの小品の、2曲めに収められた5分たらずの曲である。感情をうちに秘めながら、それを抑えて静かに展開する。中間部で短調に移行し一瞬思いを吐露しそうになりながら、長調との間を行きつ戻りつしながらそれをそっと抑えて、何事もなかったかのように終結の長調に戻る。
今回、この間奏曲にイ長調に出会ったCDは、フリードリッヒ・ヴィルヘルム・シュヌアーの弾くブラームス・ピアノ作品集である(MM2146)。大江健三郎さんの本で知り、主題と変奏曲ニ短調作品18をめあてに求めたものである。曲が曲だけに、そうしょっちゅう耳を傾けてるような曲ではないし、作品118と作品119の小品集が一緒に収められているのはわかっていたが、一通り聴いたあとは、あまり食指は伸びないアルバムだった。
最初に聴いたのが誰の演奏だったのかはもう覚えていないけれど、このブラームス晩年の小品集が珠玉のような作品であることは記憶していた。猛暑の季節になぜこの晩秋そのものの音楽を聴きたくなったのかは定かでないが、半分眠った状態の神経が、ひとときの安らぎを求めたとしかいいようがないだろう。
フリードリッヒ・ヴィルヘルム・シュヌアー.ブラームス・ピアノ作品集(MM2146).jpg
〔フリードリッヒ・ヴィルヘルム・シュヌアー、ブラームス・ピアノ作品集(MM2146)〕

          §           §           §

不思議なのは、けっして2曲目のこの間奏曲イ長調を意図して選んで聴こうとした訣ではなかったことである。シュヌアーのCDに晩年の小品集が入っていることは覚えていたから、それを聴きながら癒やされて寝たいと漠然と考えたものらしい。ところが、並んでいる曲名をタップする際に、「6つのピアノ小品作品118間奏曲」、と書かれた行が第1曲であるのに、次の行の「間奏曲」と書かれただけの第2曲に先に目が行ってしまったらしい。寝ぼけ眼で選曲したために、まさに運命の作品118-2と出会うことになったのだった。
1曲の違いだから、118-1を選んでいたとしても、次に118-2は出て来る訣だから、遅かれ早かれ耳にしていた可能性はあるのだけれど、そこまで目覚めていたという保証は全くない。2曲めが流れ出す前に寝てしまっていた可能性が高いのではないかと思う。この曲を聴くために、まるで曲に導かれるがままに、無意識のうちに操作していた、そんな風にしか考えられないのである。
FMで耳にして、曲名を明かさぬままそれが消えてしまったとき、誰の曲だろうかと考え、シューマン、ブラームスは真っ先に候補に上った。しかし、あまり聴いたことのないドビュッシーの前奏曲とかの可能性はないのかとかと考えたとき、ああもうこれは探し当てられる可能性は限りなく小さいなと、諦めてしまっていたのだった。それがこんなふうに解決を見ようとは!

          §           §           §

ブラームスの音楽は、一言でいえば晩秋の音楽である。気持ちの昂揚しているときに聴く音楽ではないだろう。常に愛聴するような音楽でもない。しかし、ふと、聴きたくなるときが必ずある、そういう音楽である。暗いのは確かだろう。それを諦観と呼ぶとすれば確かにそうなのだが、それはけっして諦めではない。確固たる信念に支えられた、先を見据えた思い、それは一つの境地といってよいものだろう。
繰り返すが、毎日耳にしたいと思う曲ではない。しかし、この曲を存在を知っていることが、人生のさまざまな場面で必ずや何かしらの意義をもつであろうことを確信できるのだ。バッハやモーツァルトのもつ普遍性とは異質といえようが、ともに人類の至宝であるのは敢えていうまでもあるまい。
ラベル:音楽 CD 季節
posted by あきちゃん at 12:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

敗戦の日を迎える前に

明日はもう敗戦の日。鎮魂の夏を締め括る一日、のはずである。しかし、日増しに悪い方へ悪い方へと動いているようにしか思われない世の情勢に、暗澹たる気持ちを禁じ得ない。あれだけの犠牲を強いておきながら、どうしてまた同じ道を歩もうとできるのだろうか? 権力とは怖ろしいものだ。この人は、人としての心を持っていないのだろうか、と唖然とする発言が当たり前になってしまっている。なんと身勝手で愚劣、幼稚な政治家の多いことか。
そんな中での一抹の救いは、人の良心を示す言葉に接する機会が多いことだ。手をこまねいてばかりはいられない。

田上富久長崎市長の言葉(2019年長崎平和宣言)
http://www.city.nagasaki.lg.jp/heiwa/3020000/3020300/p033237_d/fil/japanese.pdf
原爆は「人の手」によってつくられ、「人の上」に落とされました。だからこそ「人の意志」によって、無くすことができます。そして、その意志が生まれる場所は、間違いなく、私たち一人ひとりの心の中です。

越前屋俵太さんの言葉
https://twitter.com/echizenya_hyota/status/1157141760427999232
偉そうな社長、偉そうな政治家、偉そうな公務員、偉そうな大学教授、偉そうな新聞記者、偉そうなお笑い芸人。彼らはなぜ威張りたがるのか? よほど昔に馬鹿にされた事があったのだろうか? それとも自分は他の人間より優れているとでも思っているのだろうか?そんな人間のいる国に平等なんて存在しない。

中村洋子さんの言葉
https://blog.goo.ne.jp/nybach-yoko/e/1deb5d1b98ef0bb927ef07818456db63
https://blog.goo.ne.jp/nybach-yoko/e/84b6d368b90bee2997e2d4868fe05b9c に再掲)
本日は、J.S.BACHバッハの命日です。1685年3月21日に生まれ、1750年7月28日に、亡くなりました。天変地異の続く日本に、住んでいますと、人間にとって、地球はかけがえのないものですが、地球にとって、人間は本当に、かけがえのない存在であるのか、疑問を感じる毎日です。
環境を破壊し、傍若無人に振舞っている人類ですが、負の部分ではない、真の価値は何か、と考えれば、「私たちは、バッハの音楽をもっている」ということです。

うれしい出来事はたくさんあった。今も現に感謝してもし尽くせないことが起きている。しかし、それらを迎えるこれから先の世の中のことを思うと、あまりに切なく、自分の言葉をまとめようという気力が起きず、2週間も文章を書けずにいた。勇気を与えられ救われた言葉をこんな形で並べるだけで済ませてしまうことをお許し願いたい。
細々と聴き続けているバッハのカンタータ、今日はBWV45をリリングで聴いた。第1曲の合唱のなつかしく優しい響きに、思わず涙腺が緩み、中村洋子さんの言葉をかみしめた。失念していたけれど、昨年は淡々とこの曲の聴き比べをやっていた。こんなに身に滲み入る曲であったとは!

敗戦の日の明日は台風の上陸が予測されている。ゆっくり鎮魂の日を送ることも許されないのか。いや、きっとそうではないのだろう、これは天の怒りのように思えてならない。
いずれにせよ、数年前に紀伊半島に大きな水害をもたらした台風に似通ったコースを北上する台風10号。大きな被害が出るようなことがないよう心から祈りたい。
ラベル:バッハ 言葉 日常
posted by あきちゃん at 19:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする