2017年05月14日

バーンスタイン=ニューヨークのマーラーの3番のこと

少し前に、マーラーの3番の最終楽章について、若い頃はバーンスタインの粘っこい表現が好きだったが最近は、という趣旨のことを書いた。しかし、あとになってよく考えてみると、本当にそうなのだろうかという疑問が浮かんできた。それというのも、バーンスタインでマーラーの3番を聴いたのはLP時代のことで、CDを持っているわけではなかったから。今聴いたらどう聞こえるだろうか、同じ印象をもつのだろうか。
あの頃新譜のLPは2,800円というのが普通になっていた。廉価版でも1.200円とか1,500円とかで、レギュラー版は2,200円、2,300円というのが相場だった。マーラーの3番は当然2枚組であるから、4,000円を切るようなレコードはなかったのではあるまいか。バーンスタイン以外では、クーベリック、ショルティ、レークナー、ノイマンといったところで、演奏の種類も多くはなかった。
ところが、CD時代に入って輸入盤が手軽に入手できるようになって久しく、ことにボックス物の隆盛が著しく、かつての名盤が、LP時代では考えられなかったような値段で手に入るようになった。かのバーンスタイン=ニューヨーク・フィルハーモニックのマーラーの全集が3,000円を切る値段で買えるのである。まことに隔世の感がある。

          §           §           §

そんなわけで、久しく耳にしなかったバーンスタイン=ニューヨークのマーラーの全集の入手を思い立った。届いた箱を開けてみると、それぞれオリジナルのジャケットを用いた紙ケースに収められた12枚組のセットである。1番や4番、それに10番は、バラでLPを持っていたから、なつかしいジャケットにめぐり会えて感慨もひとしおだった。3番はこのジャケットには見覚えはなく、ぼくの買ったのは緑色のジャケットだった記憶があり、再版されたものだったのだろう。
3番は、入手したCDでも2枚に分かれていて、1枚めが1楽章、2枚めが2楽章から6楽章という割り振りになっている。LPでは1楽章が片面に収まりきらず、楽章の途中で裏返したような気がする。1枚目のB面に1楽章の続きと2楽章、2枚目のA面に3・4楽章、B面に5・6楽章という割り付けだっただろうか。
CDが届くや最初に聴いたのは、邪道は承知で2枚目のそれも第5楽章からだった。LP時代の割り付けに影響されているといえばいえるだろうが、第6楽章には、第5楽章の少年合唱と鐘の明るい響きの余韻がどうしても必要なのである。
第5楽章が終わり、間を置いて弦楽合奏が静かにメロディーを奏で始める。ああこの静寂ななつかしさに溢れる響き、これでこそマーラーの3番の最終楽章だ! ゆったりと奏でられる音楽は、遅いけれどもけっして粘らず押しつけがましさがない。しっとりと輝くひとなつこい響き。まるで真綿のように優しく包み込んでくれる子守歌のようだ。
バーンスタイン=ニューヨークフィルハーモニックのマーラー第3のジャケット.JPG
〔バーンスタイン=ニューヨークフィルハーモニックのマーラー第3のジャケット〕


          §           §           §

遅ければいいというものではないのだ。例えば、バルビローリの演奏がある。タップリと歌わせるが、バーンスタインのような子守歌とはほど遠い。よしあしではなく、バルビローリ節満開のこぶしを利かせた粘りに粘った演奏だ。音楽に浸るには最良かも知れないが、これはバルビローリの音楽であって、マーラーではないと感じてしまう。しかもこの演奏の場合、ある地点から急にテンポが上がるのである。これがために、それまでの部分をためにためていたという感じなのである。
もう一つ、ケーゲルの演奏がある。これはタイムからいうと、バーンスタインよりもなお遅い(バーンスタイン25:09に対し、ケーゲルは27:24。ちなみにシューリヒトは20:56)。しかもその遅さが感覚的に際立つのである。バーンスタインは遅い中にも余裕があって、どっぷりと浸っていられるけれど、ケーゲルはピンと張りつめたものがあって、聴いていて消耗する部分が大きいのだ。ただ、ケーゲルは何故か一箇所だけ、一瞬の爆発という感じで、短調の部分で走ってしまうところがある。ライヴならではというよりは、これも計算し尽くされたものなのだろうか。ケーゲルの演奏も素晴らしいのだけれど、正直言って疲れる。
バーンスタインは最後までゆったりとしたテンポで押し通す。そこに一つも押しつけがましさが感じられないのはいったいどうしてなのだろう。あくまで爽やかで清潔で暖かく、憧れに満ちた音楽なのである。この演奏を知ってしまうと、もう他は受け付けなくなってしまうのである。

          §           §           §

バッハのカンタータを聴き比べて、全く別の曲に聞こえるような演奏でも、それぞれの持ち味として認めることができる。年を重ねたことで、固定観念から解放された聴き方ができるようになったのかも知れないと思ったものだ。しかし、バーンスタインのマーラー、この3番の最終楽章に関する限り、それは全くの錯覚であった。この演奏を聴いていると、他の演奏はもうないに等しいと思えてしまうことを改めて知ったのであった。本当に魔法をかけられたような演奏だ。もちろん、シューリヒトの淡々としていながら滋味溢れる演奏は大好きである。ケーゲルの遅さを実感する演奏にも尽きない魅力がある。先に書いたバルビーローリの癖のあるちょっとわざとらしい演奏もいいと思う。しかし、バーンスタインの演奏のもつ、何と言えばよいか、強いて言うなら磁力のようなものには抗しがたいのである。これを聴いている限り、他の演奏が入り込む余地は残っていない。それは本当に文字通り魔法というしかない。
それは終結部に入って、弦のさざ波に乗ってトランペットが主題を奏で始める部分(バーンスタインの18:30付近から)に特に顕著に表れていると思う。ここはLP時代にも心を揺さぶられた部分だったけれど、30年を経てCDで聴いてもなお、大袈裟ではなく涙なしには聴けなかったのだった。
ラベル:CD 音楽
posted by あきちゃん at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック