2017年11月18日

快晴の大台ヶ原コブシ嶺を訪れる

大台ヶ原というと、バスで気軽に登れる上に、遊歩道も整備されていて、山歩きの対象としてはやや軽くみられる傾向がないではない。しかし、日出ヶ岳、正木ヶ原、尾鷲辻、牛石ヶ原、大蛇嵓、シオカラ谷という東大台の周遊コースを外れると、そのスケールの大きさには圧倒されるばかりだ。地形、植生、そして海に近いという地理的条件もあってか、大峰以上の明るさがあって、しかもそれと矛盾するようだが奥深さが加わるのである。
そもそもどうしてこのような山域にドライブウェイーを通そうなどということを考え出したのか。ドライヴウェイーなければ、延々と続く台高山脈最奥の近づきがたい山上の楽園、文字通り限られた人だけの知る秘境として残った地域だっただろう。ドライブウェイーができたお蔭で、この特異な山域に気軽に入れるようになり、いわばその恩恵を被っているわけであるから、一概にその存在を否定することもできないけれど、複雑な感懐にとらわれてしまう。

          §           §           §

今回は尾鷲辻から南へ、尾鷲道をコブシ嶺(1,411m)まで往復した。駐車場からして既に1,570mの標高で、目的地の方が低いという、言ってみれば山登りならぬ山下り、まことに贅沢な登山である。尾鷲辻までは整備された(実はこれがかえって歩きづらくてきついのだが)道である。ここからは色づいた自然林の中の明るい道を行く。以前、地池高を訪ねたときに踏んだ堂倉山に向かう道を北にやり過ごし、白サコを経て、道は次第に明るい稜線を行くようになる。ゆっくり西へ回り込むように辿るうちに、北に牛石ヶ原から大蛇嵓に向かう文字通り牛の背のような巨大な山塊が、その西端の大蛇蔵の異様な落ち込みと荒々しい崩壊を伴って見え始めるようになる。圧巻である。牛石ヶ原を望む.jpg
〔牛石ヶ原を望む〕

道が再び南に向かうようになると、今度は大蛇嵓から左に大峰の山々が展開し始めるようになる。地倉山の手前の地点(ここでお昼)、地倉山、そして折り返し点のコブシ嶺と大展望の得られる地点が続く。ことにコブシ嶺では南から東への視界も開け、270度にわたる大展望が待ち受けていた、やや雲が増えてはきたものの、想像以上の大パノラマに息を飲む。以前、又剱山から大台を望む大展望に圧倒されたけれど、ちょうどあの裏返しである。深い東ノ谷を挟んで又剱山から右に笙ノ峰に至る稜線が続き、反対に左に辿れば、坂本ダムを挟んで特異な岩峰を連ねる荒谷山が聳えている。
それらの向こう側に屏風のように連なっているのが大峰奥駈道で、北(右手)の大普賢岳から左(左)の笠捨山までその全貌を一望できるまたとないロケーションだった。大普賢岳が比較的穏やかな山容を見せるのは意外だったが、どこから見てもそれとわかる傾いた行者還岳、稜線から鋭峰を突き出しているのは鉄山、どっしりとした威厳のある風格の弥山、その左手に小振りながら美しい三角錐を見せる大峰の最高峰八経ヶ岳、少し間を置いて、これまたどこからみても指呼できる美しき三角錐の名峰釈迦ヶ岳、そして大日岳から南奥駈道の山々。一年半前、太古の辻から持経宿までの稜線を辿ったことをなつかしく思い出す。こうして、日出ヶ岳から見るのとはまた違った眺望を、逆光となるものの一つずつ山名を辿るのも容易な明瞭さで満喫することができたのだった。
地倉山へ向かう稜線から見た釈迦ヶ岳から弥山までの大峰奥駈道の遠望.jpg
〔地倉山へ向かう稜線から見た釈迦ヶ岳から弥山までの大峰奥駈道の遠望〕

地倉山の南の稜線から見た奥駈道.jpg
〔地倉山の南の稜線から見た奥駈道(パノラマ写真)〕

コブシ嶺から見えた大峰の山々.jpg
〔コブシ嶺から見えた大峰の山々(パノラマ写真)〕

コブシ嶺から尾鷲道方面南から東を望む(尾鷲の海も見える).jpg
〔コブシ嶺から尾鷲道方面南から東を望む(尾鷲の海も見える。パノラマ写真)〕


          §           §           §

雨の稲村ヶ岳を訪れて、たとえ雨で展望がなくてもと書いたけれども、展望に恵まれた山旅がまた格別であるのは認めないわけにはいかない。そしてもう一つ、コブシ嶺という山名から考えさせられたどうでもいいような話を書きとめておく。コブシ嶺のコブシは、花の辛夷ではなくて、マムシなのだという。マムシはマブシにも通じることから、さらにコブシへと転じたのだという。
そこで考えたのは、関西で鰻丼のことを「ひつまぶし」と呼ぶ理由である。お櫃にまぶす(載せる)からそういう、つまりマブシ→マムシという流れである。ウナギのことをマムシと呼ぶ訣ではけっしてないけれども、マブシといえばウナギの代名詞ともなっているのである。
マムシからコブシへの転訛は、マブシ=マムシという前提があって初めて起き得ることだろうが、マムシ→マブシはともかくとして、マブシ→コブシはやや無理がなくもない。転訛というよりも、意識的に良いイメージへの転換を図っているのかも知れない。毒蛇から可憐な初春の花へと文字通り化けてしまっているのである。
色づく自然林.jpg
〔色づく自然林〕
ラベル:季節 奈良 言葉
posted by あきちゃん at 23:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

雨の稲村ヶ岳

稲村ヶ岳に登った。今回で三度めである。明け方まで雨が残るだろうが、日中は回復するということで、決行した山行きだったが、結局一日ショボショボの天気が続き、上下とも防寒着兼用のカッパを着たままとなった。
最初に登った大峰の山が、夏の終わりの稲村ヶ岳だった。暑く長い行程だったが、2000mに満たない山でも充分夏に登れることを知った貴重な山行だった。バスツアーによる団体登山でもあり、その点でも最初はあまり乗り気ではなかったのだが、それがまさにはまってしまい、今に至っている。母公堂から法力峠を経て、稲村小屋、稲村ヶ岳という、最もオーソドックスなコースである。
二度目は蓮華辻へと谷筋を登り詰めるコースで、初冬だった。蓮華辻で雪に降り込められ、稲村小屋の前で震えて食事を取った記憶がある。冬の大峰の片鱗を味わえた貴重な山旅だった。
そして三度目の今回、当初の予定地が台風で林道が寸断されてしまったため、急遽予定を変更しての登山だった。ピンチヒッターであり、天気も初めから期待していなかった。言ってみれば、登れればよいのだった。

          §           §           §

天気は、最初に書いたように、思っていた以上に悪かった。帰路の法力峠で初めてお日様を見た。それまでは山影さえ望めなかったので、帰路途中からようやく見え始めた左手の尾根筋が妙に新鮮だった。稲村の山頂は当然視界ゼロ。山名板がなければどこの山かわからないかも知れない。
稲村ヶ岳山頂(展望台).jpg
〔稲村ヶ岳山頂(展望台)〕

しかし、山行としておもしろくなかったかといえば、答えはノーである。勿論景色は良いに越した方はないけれど、それが必須ではないことを、今回ほど実感した山行はなかっただろう。
天候の回復が遅れてというか回復期にあるせいか、結構風があり、法力峠や稲村小屋など風の通るところでは寒いくらいだったが、そのため山全体が躍動した感じが強かった。それに数日前の台風の影響がまだ色濃く、谷筋が増水が著しくて、ゴウゴウと水が流れ降っているのに出会した箇所が何ヵ所もあった。激しい水音が聞こえ、一体何の音だろうと思うと、そういう谷筋の水音だったりするのだ。そしてそうした箇所では、水が固い岩盤の上を流れているのがよくわかる。僅かばかりの土と木の葉に覆われているけれども、実は山全体が硬い岩からできあがっているらしいのが明瞭に想像されるのである。
今回ハッとしたのは、稲村小屋に出る直前あたりから森の様子がガラリと変わることである。笹が目立つようになり、自然林の美しさと相俟って、うまく表現できないけれど、あの大峰の奥駈道に独特の、突き抜けたような明るさを感じる光景が展開し始めるのである。稲村ヶ岳にもそれがあったのだ。これまでの来訪ではまだよくわからなかったのだが、あちこち周辺の山を訪れてみてからならではの感懐といえるかも知れない。その上、天候が良くない分、そのあっけらかんとした風景に、凄みが生じているのだった。今まで知らなかった大峰のもう一つの面を知らされたという思いが強いのである。
稲村小屋手前の大峰らしい景色.jpg
〔稲村小屋手前の大峰らしい景色〕

山頂直下の回り込み地点.jpg
〔山頂直下の回り込み地点〕

          §           §           §

夏に、初冬に、そして今回の秋にと、季節、天候それぞれに、同じ山でも見せる顔は違っている。当たり前のことだが、それは何度も訪れてみないとわかるものではない。ただ、季節は選べても天候を選ぶのはなかなか困難である。どの山行にも一期一会としかいいようのない部分があるのであり、今回の稲村ヶ岳はまさにその感懐を深く抱いたかけがえのないものだった。
雨に煙る紅葉の山.jpg
〔雨に煙る紅葉の山〕

散り敷く落葉.jpg
〔散り敷く落葉〕
ラベル: 奈良 季節
posted by あきちゃん at 00:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

位置座標を見失った状態で決断を迫られる話

到着した電車のドアが開いたので、そのまま何も考えずに乗り込もうとして、ふっと違和感に捉えられた。この電車に乗ったら、行こうと思っていたのとは反対の方向の駅に連れて行かれてしまう、ダメじゃないか! 急激にそんな不安に捉えられて、思わず反射的に、乗った電車から下りようとした。そして実際一旦ホームに降り立った。大雨である。屋根のあるところから乗ろうとはしていたが、飛沫がかかってきそうな勢いだ。いや待てよ、ここで降りてしまって本当にいいんだろうか? もしこれでよかったのだとしたら、間に合うように見計らって駅までやって来た折角の計算が無駄になってしまうのではないか。今どこの駅からどちらの方向に向かおうとしていたんだっけ……。考えようとしても、俄には思い出せない。やっぱりこれでよくないはずはない、でも確信が持てない。しかし……。最後は当初の自分の行動を信じるしかなかった。覚悟を決めて締まりかけたドアに手を挟み、車内に飛び込んだ。もう一度自分の居場所と意図を確かめてみて、なんていう余裕は全くなかった。というより、それがしたくてもできなかった。
時間にしてみれば、それはほんの一瞬にしか過ぎないだろう。再び飛び込んだ電車で我に返り、ようやくこの電車に乗ってよかったことに納得がいった。いったい自分は今、何をやっていたんだろうか? 自分自身の位置座標を、一瞬ではあるけれども、見失ってしまっていたのである。自分が今どこにいるのかわからなくなって、考えてみるに、隣の駅から反対の方向に行こうとしている錯覚に捉えられてしまっていたらしいのである。二つの駅から似たような距離にあるので、行き先によって、乗車する駅を選ぶのが常である。そのため、どちらの駅にいるのかが、わからなくなってしまい、しかも反対方向に乗ろうとしている錯覚に陥ってしまったらしい。電車に乗る直前、ケータイでラインの入力をしていて、そこに乗る電車が近づいてきたものだから、入力を急ぎ、最後は慌てて送信して電車に乗り込もうとしたのだった。
その行動に集中しすぎたのかも知れないが、それにしても、言ってみればそんなことで我を忘れるなんていうことが起き得るのだろうか? 予期せぬ眠りから目覚めたときなどに経験することと似ているような気はする。自分の位置座標を見失って慌てるあの経験である。ただ、違うのは、次の行動が差し迫っていたことである。それは文字通り、我を忘れた状況だったとしか言いようがないのである。自分が自分でなくなっているというか、自分の意識をコントロールできなくなっていたというか、魂が肉体の位置を見失ってしまっていた状態としか言いようがないのだ。さっき、錯覚といってしまったけれど、単なる錯覚とは思えないのである。
取り敢えず自分の位置を掴み直すことができたからよかったようなものの、もしもそれにあともう少し時間がかかっていたならば、いったいどういうことになっていただろうか。結果もそうだけれど、あのような状況に陥っていたこと自体、ゾッとする。単に他のことに集中していたからいけないのならよいけれど、年齢を重ねた結果だったりしたなら、こういうことが今後増えてくるのだろうか? ボケの兆候なのではないかしらん……。
ちなみに、これは夢ではない。三たび台風に遭遇した東京で、実際に経験した話である。

          §           §           §

台風22号が去って、一気に秋が深まった。台風22号が台風としては975ヘクトパスカル程度でさほど強い台風ではなかったけれど、温帯低気圧になってからむしろ発達し、最盛期には936ヘクトパスカルという途轍もない強さになった。台風でも930台にまでは達するのはそれほど多くはない。お蔭で日本付近は俄に縦縞模様に気圧配置になって、一気に寒気が流れ込んで来たようだ。
930へクトパスカル台にまで発達する台風崩れの温帯低気圧17103015.jpg
〔930へクトパスカル台にまで発達する台風22号崩れの温帯低気圧10月30日15時。気象庁HPより〕

住まいの近くのバス通りの街路樹も、随分と色づいてきた。今年は例年初夏に起きる毛虫の大発生がなかったせいか、プラタナスの大きな葉が健在で、それが見事に黄色く色づいてきている。そんな中に一本だけ紛れ込んだヤマザクラの赤が、例年にも増して美しい。バスを待つ間、台風一過の青空に映える色付く木々に、しばし我を忘れて見惚れてしまった。
色づく街路樹.jpg
〔色づく街路樹〕
ラベル:日常 季節
posted by あきちゃん at 22:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

再び台風北上

先週の21号から一週間、再び日曜日をめざして台風が北上している。前回の21号ほどの勢力ではないけれども、台風は台風である。侮ってはいけない。今度の台風22号は、21号と比べると西寄りに沖縄本島、奄美大島を暴風圏に巻き込みながらゆっくり北上し、今後は東寄りに向きを変えて本州南岸すれすれに速度を上げて進む予報である。ちょっと北よりに進めば直撃もあり得る、雨風ともに注意が必要だ。
21号台風が通過した晩、東京にいた。翌日午後東京で用事があったので、夜半から未明に東日本への上陸が予想される台風の影響で朝新幹線が止まるのに備え、夜のうちに上京することにしたのである。結果的に、新幹線は朝から問題なく動いたが、久し振りに台風の夜を過ごすことになった。
そして一週間後の日曜日の明日、今度も台風がやってくる東京にいる。実はここひと月ほど上京の機会が相次ぎ、9月半ばからほぼ毎週で5回目になってしまった。そのうち3回が荒天、いずれも台風である。9月の台風18号の時は、途中で新幹線が止まり、あわや奈良まで辿り使えないかという事態にもなった。元々雨男であるが、ここまではよくよくのことである。まあしかし、明日はどうなるかまだわからないけれども、ここまで4回の上京を大過なく済ませてこられたはありがたいことである。
増水する多摩川(20171023).jpg
〔増水する多摩川(20171023)〕

雨に煙る三上山(新幹線の車窓から).jpg
〔雨に煙る三上山(新幹線の車窓から。171028)〕

          §           §           §

9月・10月の錯綜は尋常ではなかった。東京行きが続く中、9月末には遅い夏休みを取って台湾に出かけ(繰り言に過ぎないのはわかっているが、休暇を真の意味の休暇にするためには、その前後に大きなしわ寄せが発生する)、10月中旬には韓国出張も挟まり、ほぼ2ヵ月の間、山にも行かれなかった。よくぞまあここまで辿り着けたものとの思いが強い。
全てが終わった訣では勿論ない。ひと山越えただけに過ぎないのはわかっている。このまま定年を迎えるあと2年と少しの間、突っ走ることになりそうな気配だ。今回の上京は、先輩の還暦記念のパーティーだが、自分自身がいったいどんな還暦を迎えることになるのか、考えている余裕はとてもないだろうな、と思う。還暦の誕生日からひと月足らずで定年を迎える身であるから、退職してから還暦を迎えていたことに気付くのが関の山だろう。気が付いたら過ぎていたということになるのだろうな。
ともあれ、台風22号、雨は勿論のこと、予測コースの北寄りを海岸沿いに通過するなら、風の方も注意が必要だ。どうか平穏に通り過ぎてくれることを切に祈りたい。
ラベル:季節 日常 天気
posted by あきちゃん at 00:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

台風北上

先日、前線が日本列島にへばりついてはいるものの、台風がないからまだマシ、という趣旨のことを書いたばかりだが、その台風が発生してしまった。しかも、非常に危険な位置である。過去に多きな被害をもたらした台風によく似ている。1958年の狩野川台風(1958年の台風第22号)である。東京に日降水量400㎜になろうかという、未曾有の大雨をもたらした台風である。発生後少し西に動いたあと、急に鎌首をもたげるように向きを北に変え、真っ直ぐ日本列島をめざして北上した得意なコースの台風だった。
大型の台風は、偏西風の影響をあまり受けずに自力で北上する傾向が強いという。狩野川台風がまさにその典型だった。ただ、この台風の場合幸いだったのは、前線に食いついて北上したため雨はものすごかったが、前線によって風はかえって弱められ、東京などでは雨だけものすごい、風の被害はさほどでもなかったという。上陸時の気圧もそれほど低くなく、典型的な雨台風の様相を呈していた。狩野川台風の名は、犠牲者を多数出した狩野川の大洪水による。
狩野川台風(5822)の経路(気象庁HPによる).jpg
〔狩野川台風(5822)の経路(気象庁HPによる)〕

これに対し、その翌1959年の伊勢湾台風(1959年の台風15号)は、コースは普通に抛物線を描いており、台風のコースとしては標準的である。ただ、上陸時の勢力が930ヘクトパスカルと並外れて強かった。また発生位置と北上し始めた位置、それに上陸位置と、全てが悪い方に重なってしまった。ことに伊勢湾には危険半円の南風が吹き荒れ、気圧の低さも相俟って大規模な高潮が発生し、5000人に及ぶ犠牲者が出てしまった。
伊勢湾台風(5915)の経路(気象庁のHPによる).jpg
〔伊勢湾台風(5915)の経路(気象庁のHPによる)〕

今回の台風21号はこれらの台風に比べると、130°E付近を北上し始めているから、位置はかなり西に偏っている。狩野川台風は135°E付近を北上したから、それよりは5°西に偏っている。9月末だったから、この位置で関東直撃となったのである。もし今のこの10月下旬に入ろうとしている時点で135°Eを北上したならば、偏西風の影響がより強く表れるから、恐らく日本列島を直撃はせずに房総半島をかすめて東に抜けるだろう。ところが、あろうことか、そ分を見越したかのように、西に偏した位置を北上し始めているのである。一月遅い分が、このために帳消しになってしまいかねないのである。
北上を初めて気圧が下がり始め、今日は970ヘクトパスカルを示している。まだ14°Nであるから、これから加速度的に発達を続けるだろう。明日明後日でどこまで気圧を下げるかが、まずは今後のこの台風の影響を見据える上でのキーポイントだろう。30°Nラインを越える時点で970ヘクトパスカル程度まで中心気圧を上げているならばよいが、この時点950ヘクトパスカルを割っているようだと、正直いってやばい。万一そうなったら、あとは10月という晩秋に近い時期であることと、加速せずに北上することとに、台風を弱める効果を期待するしかなくなってしまうだろう。ここ一両日が勝負である。
(この文章は10月18日夜に書いた。20日0時の時点で、位置は17°30’N、130°00’E、965ヘクトパスカルで、相変わらずゆっくりと北上を続けている。まださほどでもないが……)

          §           §           §

よりにもよって今度の日曜は選挙である。日本の将来を決めてしめかねない大事な選挙である。それを台風なんぞに吹き飛ばされてはたまらない。今の首相は余程悪運が強いのかはたまた……。いずれにしても、何年かに一度の意思表示の機会を台風などに奪われてはたまらない。将来に禍根を残さないためにも、雨が降ろうが嵐が来ようが、選挙には行く覚悟である。
なんとしても9条は守らなければならない。曲がりなりにも先の敗戦から70年間、日本が戦争をしないで来られたのは、他にもさまざまな要素はあるけれど、なによりもまず9条あればこそである。先だってNHKのニュースで、9条をどうしたらよいと思うかと問われ、長い間変えていないから改憲すべきだと答える人のインタビューが映し出されていた。臆測するに、この人は他にもきっと何か理由を挙げていたと思う(思いたい)。それを、長い間変えていないから変えると、いう論理にすり替えて報道するNHKは、そもそもこの質問からして初めに改憲ありきの姿勢なのである。
子孫たちに人殺しをさせたるようなことがあってはならない。一個人の殺人が厳しく断罪される(死刑が妥当かどうかは別に議論が必要であるけれども、罪に問われることだけは当然過ぎる事実である)のに、どうして国をあげての殺人(戦争)を容認する方向に舵を切ろうとするのか。いろんな問題点はあるにせよ、とにもかくにも70年、日本は平和憲法のもと、表だった戦争はせずに過ごしてくることができたのである。9条にノーベル平和賞をという話題が出た(なぜか今年は聞こえてこなかったけれど……)が、素直に肯ける話である。
戦争の犠牲者があって初めて今の繁栄がある、これほどに犠牲者の心を踏みにじる言葉はない。今の繁栄を得るためには犠牲も仕方なかったのだ、という論理のすり替えが、容易に行えるからだ。犠牲になった方々が望んでいるのは、神として祭り上げられることではないはずである。犠牲者を二度と出さないように進んでいく、平和を維持する努力をするのでなければ、犠牲になった方々は永遠に報われないだろう。9条改憲は、戦争の犠牲者をないがしろにする行為と言わざるを得ないと思う。
台風の北上から思わぬ話に展開してしまった。台風にもそこのところはわかってもらいたいなぁ……。わかっていて北上してきていると思いたいが……。
ラベル:季節 日常 天気
posted by あきちゃん at 02:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする